メッキカスタムパーツのメンテ・お手入法教えます!


■バイクパーツ
絶版車パーツ
ハーレーパーツ
バイクアメリカンパーツ
モンキーパーツ
トラックパーツ
旧車パーツ
■アメ車パーツ
■トライクパーツ
スクーターパーツ
■自転車パーツ
 
 メッキのサビ・くすみ等
 悩み解決します!


メッキ加工依頼
再メッキ加工依頼
 
ブログ


※プライバシーポリシー


クロームメッキのサビをサビトリキングでやっつけろ!?
メッキング
メッキのメンテのことならメッキング!
サビトリキング

メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!

メッキング用・史上最鏡
クロスの注文はこちら

(送料無料)






クロームメッキには
目に見えない穴が
無数にあいている
ので、このように
点サビが発生します。

この穴をふさぐことが
最大のサビ防止策

メッキ磨きではなく
メッキ保護がベスト


























貴方の愛車の
メッキパーツの悩みは?

バイク メッキ サビ
バイク サビ 防止
バイクメッキ磨き
車のメッキ磨き
クロムメッキ磨き
ハーレーメッキ磨き
クロームメッキ磨き
バイク サビ落とし
バイク サビ 防止



















 このようなパーツに   
  ドブ付けメッキでは、   部分的にメッキする
事は厳しいです。
(剥離してからの作業)

パーツを見ないで部
分メッキ出来ますよ
と答える業者はたい
がい電気メッキ屋で
はなく、クロームメッキ
風塗装屋が多いです。



















欧州車のモールは
クロームメッキではなく
白アルマイトが多いです




























クロームメッキ風塗装は
大気中ですぐに変色
してしまいます。






















あなたのメッキパーツは
通電しましたか?



































































電気クロームメッキは
最鏡装飾メッキ





































































































金メッキにも
メッキングは
絶対的な被膜で
ピカピカを
維持します








































クロームメッキのサビをサビトリキングでやっつけろ!?
メッキング




メッキのメンテのことならメッキング!
サビトリキング






































































































1等・メッキング      
2等・サビトリキング   
3等・サビトリキング試供品
クロームメッキ加工が可能!

クロームメッキ加工が可能!
 
 メッキカスタムパーツのメンテナンス・お手入れ方法を教えます。

ナカライメッキにおまかせ
 貴方の愛車のメッキカスタムパーツがいつまでも光り輝くことを願っています!!


メッキカスタムパーツQ&A
--------------------------------------------------------------------------


Q.中央部分のメッキのくすみが取れません。クロームメッキクリナーで何回か磨いたら、このような症状になりました。どーしたら治りますか?

A.この黄金色した部分はクロームメッキのくすみではなく、クロームメッキが取れて、下地のニッケルメッキ部分が見えているのです。よかれと思っておこなったメッキ磨きの行為ですが、このような事態はもっとも避けなくてはいけない実例です。クロームメッキの皮膜はとても薄いのでクロームメッキ磨き剤で磨きすぎるとクロームの皮膜がなくなってしまいます。こうなってしまったらもはや再メッキしか再生は不可能です。このような症状になる前にクロームメッキそのものをコーティングする必要があるのです。

--------------------------------------------------------------------------


Q.樹脂メッキパーツなのに点サビが多発しました! 樹脂なのにサビるのでしょうか?

A.樹脂パーツにきちんとクロームメッキされている場合はこのようにサビが発生します。
樹脂に金属が被覆されていますで、表面部分の金属(メッキ部分)がサビます。

--------------------------------------------------------------------------


Q.
社外品のメッキホイールですが、装着して半年も経たないのにメッキが剥がれました。再メッキしかもはや修正方法はないのでしょうが、今後の参考までに、このような事態は避けられたのでしょうか?

A.難しい質問ですね。画像を拝見する限り、アルミホイールに直ニッケル&クロームメッキの2層しかメッキがされていない? ようにお見受けされます。

素地がアルミといえども銅メッキ→ニッケルメッキ→クロームメッキの工程をしてなおかつメッキの皮膜を厚くつけないと、このように剥がれてきます
しかしメッキの厚みを見た目からで判断するのはかなり難しく、ましては社外品のメッキ品はメッキの皮膜が薄いものがほとんどです(売値の関係上)から、購入後のメンテナンスでいかに長持ちさせる事が出来るのかが最大のポイントになります。

--------------------------------------------------------------------------


Q
アルミレバー・メッキパーツを使用していたのですが、早い段階でメッキが剥がれました。はがれた部分だけメッキできますか?

A.申し訳ございません、部分的にクロームメッキ加工は出来ません。
■メッキ剥離→素地→バフ研磨→銅メッキ→ニッケルメッキ→クロームメッキという作業工程をしないと再メッキは出来ません。かなり手間がかかりますので、メッキパーツが手に入るのであれば新品を購入された方が安くすむ場合がほとんどです。

ただし弊社で再メッキ加工した場合は被膜がとても厚いのでこのような事態にはなりにくいです

--------------------------------------------------------------------------


Q
欧州車のメッキモールの白い斑点状の腐食に悩まされています。改善策を教えてください

A.欧州車のメッキモールは、実はメッキではなくアルマイトモールが多く一般的なサビとり剤では取れません、アルミ用のコンパンドでガリガリ削らないと綺麗にならないのが多く、腐食が酷い場合は、ポリッシャーで削らないとダメなくらいです。

サビトリキングはクロームメッキ用のサビ取り剤なので、アルマイトモールの腐食にはそれほど威力を発揮しません。初期の白サビくらいなら簡単に取れますが、ちょっと深めの白サビは取れません。

アルミ用研磨剤等でなんとかアルミモール面を綺麗に磨いた後には、メッキングをお勧めいたします。 試しに半分は磨いただけ、半分は磨いた後にメッキングを塗りこんでみましたが、違いは歴然です。メッキングをつけてない部分は一週間もするとくすんできてしまいましたが、メッキングをつけた部分は半年たってもくすみひとつありません。(何度か重ね塗布しました)

メッキモールの腐食に悩まされている方にはメッキングを新車の状態で使用するのがお勧めです。

--------------------------------------------------------------------------


Q.樹脂パーツをクロームメッキ風塗装依頼したら、装着して早い段階で黄金色に変色しました。どーすればいいですか?

A.きんとしたクロームメッキ加工でない場合、銀鏡メッキ・蒸着メッキ・スパッタリング等のメッキ塗装だと変色は早い段階でおこります。理由ですが銀・アルミが主成分なのでとても変色し易いからです。クロームメッキ塗装は、クロームメッキ調塗装であって、クロームメッキではないので、
紫外線にさらされる外装パーツにはお勧め出来ません。すぐに変色する可能性が大です。
その点、クロームメッキは空気中で酸化されにくく、変色しにくい金属です。
安いからいって安価なメッキ塗装は外装パーツにお勧めいたしません。
プラモデルのメッキみたいな仕上がりなうえ、耐食性もありませんので、返って高く場合があります。
--------------------------------------------------------------------------


Q.クロームメッキ風塗装なのか? クロームメッキ加工なのか? 見分け方教えください

A.テスターを当てればイチコロで判ります。きちんとしたクロームメッキパーツは表面が金属になっているので、通電します。 メッキ風塗装は通電しません。

■金属で被覆するのがメッキ 
■塗料で被覆するのが塗装

といったところでしょうか? ですからメッキ塗装というのは、その名のとおりメッキと塗装のあいのこみたいな存在だと私個人的には思っております。
 (大きなくくりではメッキ加工なのでしょうが、仕上がりは、断然違います)


--------------------------------------------------------------------------


Q.
アルミにクリアー塗装されていますが、腐食が発生しております。アルミパーツの白錆取り、保護等、についてアドバイスください。

A.クリア塗装を剥離して磨きなおすしかきれいにはならいなのでは?と思われます
アルミ自体がとても腐食しやすく、アルミの腐食が白サビなので、基本的に白サビだけを落とすというのは難しいと思われます。腐食を落とすときにアルミも一緒に磨きながら落とすというのが一般的な形になるのではないかと思われます。 アルミポリッシュ後の保護はメッキングがとても有効になります。(ただし、被膜の内側で腐食がでた場合はメッキングの被膜毎、再ポリッシュになります)

ご自分で磨くのは難しいという場合は商品をパラして弊社に送っていただければ、ポリッシュすることも可能です。よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------
Q.クロームメッキ・蒸着メッキ・銀鏡メッキの違いを教えてください

1:クロームメッキ加工(電気鍍金)  ドブ漬け



電気を利用し、金属皮膜を被覆させる方法。画像のように溶けた金属プールドボンとつけんこんで、金属をイオン化し、電気を直流に流し(+→−)プラス側に金属板、−側にメッキするパーツを漬け込み、銅やニッケル・クロームなどの金属を素地に被覆させます。本物金属をパーツに被覆させるため、見た目の高級感や装飾性が飛躍的に向上します。外装パーツへのメッキはこの電気メッキに勝るものは無いです。

金属皮膜を被覆させるとは? 身近な金属でお話させていただきますと、


■1円玉 アルミ
■10円玉 銅
■100円玉 ニッケル  の金属でできています。

メッキをすれば、1円玉(アルミ)の表面だけを100円玉(ニッケル)みたいにする事が可能です。もっといえば、金にもできます。

金は高価な金属なため、金でお金をつくると金貨になりますが、安い鉄でお金をつくって、 金メッキをすれば、見た目は金 中身は鉄 ということです。

--------------------------------------------
クロム金属
--------------------------------------------
ニッケル金属
--------------------------------------------
銅金属
--------------------------------------------
素地(鉄、樹脂、亜鉛、真鍮、銅等)
--------------------------------------------

(装飾用のクロームメッキでは、素地にいきなりクローム金属を被覆させるのではなく、
素地⇒銅メッキ⇒ニッケルメッキ⇒クロームメッキ等の何層にもメッキ加工されていることがほとんどである)


つまり電気クロームメッキとは、表面をクロム金属で被覆させたメッキ加工のことです。

中身は、鉄、樹脂、亜鉛、真鍮、銅等の素材に外見はクロム金属ということである。

ちなみに私NAKARAIは 中身は弱っちい男、外見も弱っちい男なので、中身も外見も
一緒ということなので、メッキではなく単一金属ということでしょうか? (解りずらい??)


2:真空蒸着・スパッタリング法。

イメージですが、ドラム缶(実際はもっとおおきな釜に商品をいれ、釜の中を真空状態にしてアルミ主成分の塗料を吹き付ける)

この工法が一番多く使用されたいるパーツは身近な所では、車のライトリフレクター(ライト内部の反射部分)です。最近のほとんどの車のライトまわりってクロームメッキ調になっているのが多いと多いと思いますが あれって蒸着メッキなんです。複雑なデザインの部品や硬さが出てしまってはNGな部品へのメッキに適していますが、最大の弱点は『脆さ』。非常に柔らかく薄い皮膜の為、洗車キズが入り易かったり、アルミが主成なため、トップコートをしているが、空気中で変色しやすく、メッキの剥がれも起きやすいです。。内装部品やプラモデルなどの玩具。置物などには適していいますが、車・バイク・トラックの外装パーツには正直向いていないです。

3:メッキ塗装。(銀鏡メッキ)

銀鏡反応を利用した加工方法で、吹付けて終わりです。

この方法はあくまでもメッキ調でありクロームメッキとは明らかに違います。
銀が主成分で、みなさんが思っているような 吹きつけて終わり というような作業工程です。
メリットはどんな部品にも対応出来るし、釜の大きさとか関係ないので、大きなパーツにも対応出来ますが、クオリティや耐久性を求めるのは正直かなり難しいです。早い段階ですぐに変色します。


このように、個人でメッキ業者に依頼する場合は、自分の用途に合わせて業者選定をきちんとする必要があります。
------------------------------------------------------------------------

 
Q.
金メッキパーツの手入れ方法を教えてください。 以前磨いたら金メッキ剥がれたことがあります。


A.金メッキパーツは絶対に磨いてはダメです。すぐに下地のニッケルメッキが出てきます 金はとても高価な金属なので、そのようなもったいな行為は絶対厳禁です。 金メッキを持続的にピカピカを維持するには、磨くのではなく金メッキそのものを保護するのがベストです
メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!
メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!
メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!

  メッキパーツに関する質問受付中です!!


                  ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
 








メッキ加工

メッキ加工

クロームメッキのメンテナンスがとっても楽になります⇒

■NAKARAIが開発した! メッキンク゛サビトリキングで愛車をサビから守りピカピカを約束

ご注文はこちら


注文数


--------------------------------------------------------------------------
メッキング&サビトリキング 嬉しい愛用者の声〜 

昨年末に"メッキング"と"サビトリキング"をセットで購入 "メッキング"はのびやすいので、広い範囲に薄く塗れて使いやすい! 塗布後はピカピカ!! その後も、くもりづらくなった。触った感じもスムースで汚れがつきにくくなった!(東京の高碕様)

1年前に"メッキング"と"サビトリキング"をセットで購入 "メッキング"は最初に塗布するときは時間はかかったけど出来上がりは最高!!  1年に1回の塗布でぜんぜん錆びてない!少量をのばしながら塗布するので、ぜんぜん減らないです!(横浜のZOOMさま様)

■メッキングの使用感ですが光沢、質感かなりいいです。塗布ごサラサラになり光沢が生まれるのが手に取るようにわかります。毎回洗車後に塗布したいぐらいです。磨くのが好きな人にはすごくいいと思います。 塗布後ムラもなくきれいに仕上がりました(北海道 O・T様 )

(↑↑※クリックで愛用者の声ページに移動します↑↑)

メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!

 えっ? ケミカル用品で人気?1になりました!! これって凄くないですか!?


■サビトリキングで貴方の愛車のメッキパーツのサビやっつけてください!!

※綺麗なお姉さんでも簡単にサビを除去できます。⇒ サビトリキングホームページ


注文数



■メッキパーツのサビをやっつけた後は、再発防止に努めましょう!!
もちろん新品の状態でメッキング定期塗布で、輝きが永続的に維持!

※綺麗なお姉さんでも簡単に塗布できます。⇒ メッキングホームページ


取扱店大募集!【特典多数あり】 カタログはこちら


注文数



       ↓↓↓
メッキのプロ集団≪本物≫クロームメッキ加工が可能!
ナカライメッキで決まり!
ナカライメッキで決まり!


メッキ塗装のような脆い仕上がりではないです
   ! ッメッキカスタムパーツの磨き方・メンテナンス方法